• トップ /
  • 更新料に注目した家探し

更新料の有無は家探しの重要事項

家探しにおいて大切なのは、間取り、交通アクセス、築年数といろいろありますが、やはり最終的に考えておきたいのは家賃などのコストの問題です。そのうち、敷金・礼金といった入居時にかかる費用、毎月の家賃、それにおよそに2年おきに発生する更新手続きについては、長期的な視点で計画的に考えておく必要があるでしょう。最近は更新料が無料という物件が多く、家探しにおいて注目されつつあります。本来、更新料は賃貸物件の貸主が得ることができる権利というわけではなく、あくまでも入居時における貸主と借主との間で交わされる約束事の一つにすぎません。したがって、更新料無料物件の増加や、賃貸物件が過剰供給にある地域においては、更新料を無料にすることで顧客の獲得を積極的に進めている地域もあります。また、同じ会社によっても物件によって扱いが異なることもありますので、物件情報についてはよく読み、わからないことは積極的に質問することが重要です。敷金・礼金などとは違い、更新料は事務的手続きに伴う形式的な費用にすぎません。したがって、この費用の有無が賃貸物件の維持(貸主の責任で維持すべき費用の負担など)とは無関係であり、効率よく、また費用を抑えて家探しするためには、検討すべき要素の一つと言えるでしょう。

↑PAGE TOP