• トップ /
  • 家探しで気になる更新料

家探しで更新料の有無を確認

同じ住宅を借りて住み続けていると一般的には2年に1回の割合で更新料が発生します。2年に1度大家さんや不動産仲介会社から更新するかどうかの意思確認の連絡が来ます。その際に平均家賃の1か月分、もしくは2か月分の更新料が請求されます。もし更新する意思がないのであれば契約満了の日付の前に退去をする必要があります。1度引越しをすると更新料を支払いたくない場合2年に1度の割合で引越しを繰り返すのは金銭的にも体力的にも余裕がなくなってしまうので、家探しの段階で更新料が不要な物件を探すという方法もあります。また、更新のタイミングで大家さんに少し安くしてもらえないか交渉をするという方法もあります。大家さんの立場に立ってみると、一度入居者に退去されてしまうとその後すぐに家探しをしていて物件を借りてくれる新しい入居者が現れるとは限りません。もしかすると1年、2年と空室の状態になってしまうかもしれません。また特に単身世帯の場合築年数が新しい物件が好まれる傾向にありますので空き室の状態で築年数を重ねるよりは交渉内容によっては今の入居者の方にそのまま住んでもらう方が良いと判断される場合もあります。家探しでは特に築年数の経った物件の場合更新料に交渉の余地があるのでまずは聞いてみることをおすすめします。

↑PAGE TOP