• トップ

家探しの必要なポイントとは

家探しをする上では、最初に住むときにかかる初期費用の面ばかり目が行きがちですが、契約には期間が存在するのが一般的です。契約の期間が満了すると再度、契約を更新する必要性に迫られ、その場合には更新料がかかるケースもあります。最近は更新料自体もかからない物件も多数存在しますので、その視点で家探しを行う必要性は薄れています。ただ物件によっては更新料が発生するケースがありますので、家を借りて契約する段階では初期費用だけでなく、その扱いを調査しておく必要があります。なお家探しのポイントは更新料が発生するか否か、もし発生するならどのくらいの相場になるかを押さえます。地域によっては違いが生じますし、物件によっては発生するタイミングやその金額に違いも見られます。まず相場の目安としては更新後の新家賃の一ヶ月分を見る必要があり、それが全国的にも多いです。また半月分、2ヶ月分も地域によっては見られます。なお発生するタイミングとしては、契約期間が2年となることが多いため2年ごとに発生することも多く、それ以外には1年ごとに発生する地域も存在します。従って家探しのポイントとしては、相場の目安である新家賃の一ヶ月分と契約期間の2年ごとの発生という条件があるので、それより良ければ借りたい条件に繋がります。

↑PAGE TOP